HOPE糸魚川 - 糸魚川市駅北大火復興情報サイト

復興まちづくり

暮らしを支えるまちづくりプロジェクト

幅広い世代が安心して生活できる住環境を提供することで、Uターン・Iターンを促進し、豊かなコミュニティのもとで、いきいきと住み続けられるまちをつくります。

目的 幅広い世代が安心して生活できる住環境を提供するとともに、UIターンを促進しながら、豊かなコミュニティのもとで、いきいきと住み続けられるまちをつくります。
主な施策 ① 医療、福祉や子育てサービスと連携した市営住宅の整備
② 被災地域へのUターン・Iターンターンの促進(Iターン者向けツアー、家賃補助の拡充)
③ 誰もが気軽に集える場づくり
④ 日常生活の支援を行う相談員の配置
⑤ 生活再建のための金融等の支援(生活資金、住宅再建に対する支援)
実施主体 住民、事業者、市、自治会、社会福祉協議会

計画スケジュール

※計画スケジュールは、現段階で想定する手順を示したものです。

① 医療、福祉や子育てサービスと連携した市営住宅の整備

被災者の生活再建への支援や多様な住宅供給により、多世代が住み続けられる快適な住環境を整備します。


② 被災地域へのUIターンの促進(Iターン者向けツアー、家賃補助の拡充)

Uターン・Iターン促進のためのワークショップの開催

首都圏在住者と糸魚川市をつなぐツアー等の実施、賃貸住宅家賃補助等を拡充することで、被災地域への幅広い世代のUターン・Iターンを促進します。


③ 誰もが気軽に集える場づくり

被災地近隣の空き店舗を活用した復興まちづくり情報センター

日中は高齢者や子育て世代が気軽に集えるお茶のみサロンや、夜間は若者を中心に集える語らいの場づくりを推進します。


④ 日常生活の支援を行う相談員の配置

精神面での支えや安否確認、生活全般の困りごと等の相談を受ける相談員を配置し、安全で安心なまちづくりを目指します。

⑤ 生活再建のための金融等の支援 (生活資金、住宅再建に対する支援)

市内金融機関から生活再建の融資を受けた被災者にその利子(最大3年分を一括助成)を助成します。
市内金融機関から住宅再建の融資を受けた被災者にその利子1%を限度に(最大5年分)助成します。

詳しくはこちらから。