HOPE糸魚川 - 糸魚川市駅北大火復興情報サイト

復興まちづくり

にぎわいのあるまちづくりプロジェクト

中心市街地のにぎわいを高めるため、事業者の早期再建を支援し、新たな事業者とともに、観光客や市民、地域住民が集まるまちづくりを推進します。

目的 中心市街地のにぎわいを高めるため、事業者の早期再建を支援するとともに、若者や子育て世代をはじめとする市民や地域住民が集いたくなるまちづくりを推進することで、来訪者の増加や新たな事業者の参入を促進します。
主な施策 ① にぎわいの拠点施設の整備 (公的サービス提供機能などを検討)
② にぎわい創出広場の整備
③ 事業再建支援策の拡充とUIターン創業の促進
④ まちづくりを担う人材の育成
⑤ 日本海と海の幸を生かした誘客の強化
⑥ 海望施設の検討
実施主体 事業者、商店街組合、市、商工会議所、観光協会、北アルプス日本海広域観光連携会議、金融機関、大学

計画スケジュール

※計画スケジュールは、現段階で想定する手順を示したものです。

① にぎわいの拠点施設の整備
(公的サービス提供機能などを検討)

子育ての相談窓口など暮らしを支える公共的なサービス機能を導入し、市内外の交流拠点の整備を検討します。

② にぎわい創出広場の整備

仮整備を行った広場オープンイベント“復興マルシェ”

にぎわいの創出を目指して、起業を希望する者などが気軽に開店できる環境と、人が集まる広場の整備を検討します。また、広場施設内において、大火や復興の状況を火災遺構や映像等も用いて展示・情報発信するとともに、防災活動や防災教育・啓発の場として活用します。


③ 事業再建支援策の拡充とUIターン創業の促進

ビジネスチャレンジ支援事業の被災事業者への支援を拡充します。また、Uターン・Iターンからの新規創業者を呼び込むために創業セミナー等を開催します。

④ まちづくりを担う人材の育成

市民、事業者、団体、大学等と連携し、外部人材も活用して、地域の未来を担う人材を育成するとともに、地域活性化に向けた体制づくりを支援します。

⑤ 日本海と海の幸を生かした誘客の強化

北アルプス日本海広域観光連携会議による活動や大糸線の利用促進を通じて、長野県方面からの誘客強化を図ります。また、さらなる誘客拡大のため松本-糸魚川連絡道路の整備促進活動を行います。

⑥ 海望施設の検討

日本海に一番近い新幹線糸魚川駅の立地条件を生かした交流人口の拡大を目指して、日本海を展望できる施設の整備を検討します。