HOPE糸魚川 - 糸魚川市駅北大火復興情報サイト

News & Topics

11/6 リノベーションまちづくりシンポジウム@糸魚川
2018/09/27|市民のみなさまへ

復興の向こうへ

大火から間もなく2年。 復興が進んできた今だから 少し先の未来を考えてみよう。

糸魚川のほんとうの豊かな暮らしって なんだろう。
大切な子どもたちのために 自分たちでできることは なんだろう。
きっとそこにあるのは これまでとまったく違う 新しい復興のカタチ

リノベーションまちづくりの はじまりです。

 

・と き 平成30年11月6日(火)
     18:30~21:00(開場18:00)
・ところ 真宗大谷派 正覚寺
・内 容
  第一部 講演(18:35~19:35)
      「遊休不動産を活用してエリアを再生する」 清水 義次 氏
  第二部 トークセッション(19:45~20:45)
       清水義次 氏、西村浩 氏、伊藤薫 氏、木村英雄(副市長) 氏
・定 員 80人 ※事前申込不要
・駐車場 ヒスイ王国館(有料)、糸魚川商工会議所の駐車場をご利用ください。
・その他
 家主様のご厚意で会場を借用させていただいており、イベント等の利用を想定した会場でないため、大人数でのトイレ使用が難しいことから、できるかぎりご来場前に用を済ませてきてください。
・詳しくはシンポジウムチラシをご確認ください。
 

 

講師プロフィール等

■清水   義次(しみず よしつぐ)
 株式会社アフターヌーンソサエティ代表取締役、株式会社リノベリング監査役
・プロフィール
1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年、株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。主なプロジェクトとして、東京都千代田区神田RENプロジェクト、CET(セントラルイースト東京)、旧千代田区立練成中学校をアートセンターに変えた3331Arts     Chiyoda、旧四谷第五小学校を民間企業の東京本社に変えた新宿歌舞伎町喜兵衛プロジェクトなどがある。地方都市においても、北九州市小倉家守プロジェクト、岩手県紫波町オガールプロジェクトなどで、民間のみならず公共の遊休不動産を活用しエリア価値を向上させるリノベーションまちづくり事業をプロデュースしている。

 


■西村    浩(にしむら       ひろし)
 建築家/クリエイティブディレクター、株式会社ワークヴィジョンズ 代表取締役、株式会社リノベリング 取締役、オン・ザ・ルーフ株式会社代表取締役、マチノシゴトバCOTOCO215代表
・プロフィール
1967年佐賀県生まれ。東京大学工学部土木工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、1999年にワークヴィジョンズ一級建築士事務所を設立。土木出身ながら建築の世界で独立し、現在は、都市再生戦略の立案からはじまり、建築・リノベーション・土木分野の企画・設計に加えて、まちづくりのディレクションからコワーキングスペースの運営までを意欲的に実践する。日本建築学会賞(作品)、土木学会デザイン賞、BCS賞、ブルネル賞、アルカシア建築賞、公共建築賞他多数受賞。2009年に竣工した、北海道岩見沢市の「岩見沢複合駅舎」は、2009年度グッドデザイン賞大賞を受賞。

 


■伊藤    薫(いとう かおる)
 株式会社イールー / TreckTreck 代表 / プロデューサー新規事業企画・開発旅のエクスペリエンス・プランナー
・プロフィール
新潟県糸魚川市出身。早稲田大学にて、地方自治とコミュニティ論を学ぶ。2004年にリクルート入社。地域密着型ビジネスの地方拠点立ち上げ、全国展開において営業・企画・マネージャーを幅広く経験。その後、新規事業開発を経て、2011年に退職しフィリピンのライフスタイルメディア企業に転職、現地メンバーのマネジメントを行う。2012年には上海ホットペッパー有限公司に転職。日系大手企業の現地女性向け販促プロモーション企画を担当。2014年にロフトワーク入社、プロデューサーとしてモノづくり事業者の海外販路開拓支援プロジェクト(経済産業省主催)などを担当。2016年に株式会社イールーを創業。NHK「あさイチ    ー東京下町観光ガイドー」、日刊スポーツ「TOKYOおもてなし」など、メディア出演。

 

【予告】
・12/22 リノベーションまちづくりシンポジウム
・2/22-24 リノベーションスクール