HOPE糸魚川 - 糸魚川市駅北大火復興情報サイト

防火対策

火災が広がるしくみ

火の粉・・・

火の粉といっても大きさはいろいろです。数ミリメートルから数十センチメートルになる事もあります。

風・・・

風が弱ければ飛んでいく火の粉は小さく、距離は短くなります。風が強ければ飛んでいく火の粉は大きく、距離は遠くなります。風の強さも火災が広がる原因になります。

飛び火・・・

火災が起こった場所の火の粉が風に飛ばされ、遠くの場所に燃え移り火災が広がっていく現象です。

つまり・・・

風の強さで飛んでいく距離や火の粉の大きさなどが変わります。風が強い日などは火災が広がる可能性が高くなるので、注意が必要です。

家の構造や、材質の違いでも燃え広がり方はちがうよ。