HOPE糸魚川 - 糸魚川市駅北大火復興情報サイト

防火対策

適切な119番のかけ方

落ち着いて、ゆっくり、はっきりと
119番係員の質問に答えることがポイントです

消防本部 通報する人
1
119番消防です。
火事ですか?救急ですか?
火事です!      救急です!
2 場所(住所)はどこですか?
何というお宅(お店)ですか?
電話番号は何番ですか?
近くに目標物はありますか?

糸魚川市○○の△△番地です。
□□という家(店)です。
552-××××です。
●●公民館の3軒隣です。

出動場所が分かった時点で消防隊(救急隊)は出動準備を始めています。
引き続き、落ち着いて係員の質問に答えてください。
3 (火事のとき)
何が燃えていますか?
逃げ遅れた人はいますか?
けがをした人はいますか?


台所のなべが燃えています。
逃げ遅れた人はいません。
煙を吸い込んだ人がいます。

(救急のとき)
誰がどうしましたか?
意識・呼吸はありますか?
かかっている病気はありますか?


おじいさんが急に倒れました。
意識がありません。呼吸はしています。
心臓の病気があります。

より正確により早く通報するために

駆け込み通報装置をご利用ください

能生分署、青海分署、早川分遣所では出動等により職員が不在となることがあります。緊急通報等で分署などに駆け込んだ場合、玄関にある受話器を取ることで、直接消防本部通信指令室と会話できますので、状況をお伝えください。


耳や言葉の不自由な方からの119番通報

FAX119」や「メール119」によって、文字により119番通報を受信するシステムも運用しています。詳しくは消防本部までお問い合わせください。

全国版救急受診アプリ「Q助」をご利用ください

出典:総務省消防庁HP

急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示されるスマートフォンアプリです。その後、119番通報や病院の検索をすることができます。「App Store」や「Google Play」で「Q助」で検索のうえダウンロードしてください。